専門学校で医療事務を目指す?

ア医療事務といえば、特に女性に人気の仕事です。その名前を聞いたことがある人も多いでしょうし、これから医療事務員として働くために知識などを身に着けようとしている人もいらっしゃるでしょう。では、そんな人気の医療事務とはどのような職業なのでしょうか。今人気の医療事務の仕事について、詳しく紹介させていただきます。

医療事務医療事務の仕事内容は大きく分けると3つありますが、その1つ目が受付業務です。病院に訪れた患者から保険証と診察券を預かり、案内するというのが仕事です。病院にきた患者が初診だったときには、預かった保険証などを確認した上でカルテを作るのも医療事務の仕事です。初診ではなく再診の場合も、カルテを出し保険証の変更などがないか確認することも業務の1つです。

さらに、2つ目が会計業務です。医師の診察を受けた患者のカルテを確認した上で、患者にかかった診察料を計算する業務が会計業務です。会計を出すためには、細かな基準があるため、専門的な知識のある医療事務が会計業務を行っています。

最後の仕事が請求業務です。病院にくる患者は、保険証を持っていれば診察料の負担は1割から3割になります。そのほかの負担は支払基金や国保連が担っているので、そこにお金を請求するためにレセプトと呼ばれる医療報酬明細書を作成したり、送付したりするのが請求業務です。他にも、病院の電話対応をするなど細かい仕事はありますが、ご紹介した3つの仕事が医療事務の一般的な仕事内容です。これらの知識を身に着けるには専門学校をはじめいろんな手段があります。